B1bis

マジノ女学院

B1はフランスのルノー社が第二次大戦前に開発した重戦車。フランスがナチス・ドイツによる西方電撃戦で侵略を受けた際に実戦参加した。B1bisはその改良型。75mmと47mmの二門の砲を搭載していた。前面と側面の装甲は60mmで、当時のドイツ軍の代表的戦車砲であった37mm砲では貫徹できず、ドイツ軍を恐慌状態に陥れたこともある。「シャール」との呼び名もあるが、これは「チャリオット=戦闘馬車」のこと。

スペック

国籍 フランス
製造 ルノー他
乗員 4名
エンジン ルノー4ストローク直列6気筒液冷ガソリン
重量 32t
全長 6.38m
車体長 6.38m
全幅 2.49m
全高 2.80m
履帯幅 50.0cm
超壕能力 2.74m
渡渉水深 0.72m
変速機 前進5速後進1速
最高速度 27.6km/h(路上)/21.0km/h(不整地)
航続距離 150km(路上)
主砲 17口径75mm戦車砲SA35(主砲弾:74発)、41.5口径76.2mm戦車砲F-34(主砲弾:100発)
副武装 32口径47mm戦車砲SA35(砲弾:50発)、7.5mm機関銃M1931×1
装甲 20~60mm
生産数 403輌

※このスペックは、すべてマジノ女学院に存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP