T-34/85

プラウダ高校

T-34の車台に大型の砲塔と強力な85mm高射砲を搭載した強化型。砲塔を大型化したことにより、砲塔内の三人配置が可能となり、T-34/76では戦車長が兼務していた砲手や装填手を専任化することが可能となったため、戦車長が指揮に専念できるようになった。T-34は大戦終結までに76と85合せて57,000輌が生産され、戦後もポーランドやチェコスロバキアなどで1958年まで生産され続けた。

スペック

国籍 ソ連
製造 第183工場(ハリコフ機関車工場)他
乗員 5名
エンジン V-2-34 4ストロークV型12気筒液冷ディーゼル
重量 32.0t
全長 8.10m
車体長 6.10m
全幅 3.00m
全高 2.72m
履帯幅 50~55cm
超壕能力 2.5m
渡渉水深 1.3m
変速機 前進4速後進1速
最高速度 50.0km/h(路上)/29.9km/h(不整地)
航続距離 300km(路上)
主砲 54.6口径 85mm 戦車砲ZiS-S-53(主砲弾:56発)
副武装 7.62mm DT機関銃×2
照準器 TSh-16
装甲 16~90mm
生産数 25,899輌

※このスペックは、すべてプラウダ高校に存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP