T-34/76

プラウダ高校

ソ連が開発した傑作戦車。T-34/76は独ソ戦に於いてⅢ号・Ⅳ号戦車に対抗しうる戦車として中盤から終戦まで使用された。厚く傾斜した装甲や被弾しても炎上しにくいディーゼルエンジン、強力な76mm砲を搭載したT-34/76戦車の登場はドイツ軍にT-34ショックといえる衝撃を与えた。

スペック

国籍 ソ連
製造 第183ハリコフ機関車工場他
乗員 4名
エンジン V-2-34 4ストロークV型12気筒 液冷ディーゼル
重量 30.9t
全長 6.75m
車体長 5.92m
全幅 3.00m
全高 2.60m
履帯幅 50.0cm
超壕能力 2.5m
渡渉水深 1.3m
変速機 前進5速
最高速度 55km/h(路上)/30km/h(不整地)
航続距離 350km(路上)
主砲 41.5口径 76.2mm F-34(主砲弾:100発)
副武装 7.62mm DT機関銃×2
装甲 16~70mm
生産数 35,467輌

※このスペックは、すべてプラウダ高校に存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP