チャーチル歩兵戦車 Mk.Ⅶ

聖グロリアーナ女学院

1940年にMk.Ⅳ歩兵戦車として制式採用され、41年から量産が開始された。 当初は2ポンド戦車砲が搭載され後に6ポンド戦車砲に換装されて武装が強化された。Mk.Ⅶは75mm戦車砲を装備し最大装甲厚が152.4mmに強化された重武装タイプ。 火炎放射戦車や戦車回収車、架橋戦車なども生産され、朝鮮戦争でも実戦投入され1960年代まで現役として活躍した。

スペック

国籍 イギリス
製造 ヴァクスホール社
乗員 5名
エンジン ベドフォード 水平対向12気筒液冷ガソリン
重量 40.64t
全長 7.44m
車体長 7.44m
全幅 2.74m
全高 3.25m
履帯幅 55.8cm
超壕能力 3.7m
渡渉水深 0.9m
変速機 前進4速後進1速
最高速度 20.12km/h(路上)
航続距離 193km(路上)
主砲 37.5口径75mm戦車砲(主砲弾:84発)
副武装 7.92mmベサ重機関銃×2
照準器 No.50×1.9 Mk.ⅠS
装甲 19.05~152.4mm
生産数 7,368輌(全タイプ)

※このスペックは、すべて聖グロリアーナ女学院に存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP