IS-2

プラウダ高校

独ソ戦に於いて、ドイツ軍が戦線にパンターやティーガーⅠを投入したことにより、ソ連軍のT-34では対抗することが困難となり、より攻撃力の高い重戦車が必要とされたことから開発された。コンパクトな砲塔に巨大な122mm戦車砲を搭載したことにより、砲塔内は極端に狭く携行弾数も少なかったが、122mm徹甲弾はティーガーⅠの前面装甲を貫徹可能なほど強力で、榴弾ですらティーガーⅠの装甲を叩き割るほどだった。

スペック

国籍 ソ連
製造 チェリャビンスク・キーロフ工場他
乗員 4名
エンジン V-2-IS 4ストロークV型12気筒液冷ディーゼル
重量 46.08t
全長 9.83m
車体長 6.77m
全幅 3.07m
全高 2.74m
履帯幅 65cm
超壕能力 2.5m
渡渉水深 1.3m
変速機 前進8速後進2速
最高速度 37km/h(路上)/24km/h(不整地)
航続距離 210km(路上)
主砲 D-25T 48.5口径122mm砲(主砲弾:28発)
副武装 12.7mm DShk機関銃×1、7.62mm DT機関銃×2
装甲 20~120mm
生産数 3,854輌

※このスペックは、すべてプラウダ高校に存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP