重駆逐戦車エレファント

黒森峰女学園

強力な71口径88mm砲を搭載し前面装甲200mmの防御力を誇る重駆逐戦車。競争試作に敗れたものの、採用を見越して先行納入されていたポルシェティーガーの車台や装甲版を流用する形で開発された。ポルシェティーガーと同様に、ガソリンエンジンで発電し電気モーターで駆動装置を動かすガス・エレクトリック式を採用している。同車は当初フェルディナントと命名されたが、その後ヒトラーの指示によりエレファントに変更された。

スペック

国籍 ドイツ
製造 ニーベルンゲンヴェルケ社
乗員 6名
エンジン マイバッハHL120TRM 4ストロークV型12気筒液冷ガソリン×2
重量 65.0t
全長 8.14m
車体長 6.97m
全幅 3.38m
全高 2.97m
履帯幅 64cm
超壕能力 2.64m
渡渉水深 1.0m
変速機 電動モーター、前進3速後進3速
最高速度 30km/h(路上)
航続距離 150km(路上)
主砲 88mm PaK43/2 L/71(主砲弾:50発)
副武装 7.92mm MG34機関銃×1
照準器 SflZF
装甲 20~200mm
生産数 90輌

※このスペックは、すべて黒森峰女学園に存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP