ルノーFT

BC自由学園

第一次世界大戦中に自動車メーカーのルノー社が開発した軽戦車。世界で初めて全周旋回式の砲塔を搭載して量産された実用戦車で、車体前部に操縦手席、車体中央部に砲塔を載せた戦闘室、車体後部に機関室を置く、現代まで続く戦車の基本レイアウトを確立した。当初の武装は機関銃1挺で、次いで37mm砲搭載型が生産され、75mm砲搭載型や無線車なども作られている。第二次世界大戦時にもまだ現役に残っていたが、完全に旧式化していた。なお、FT-17という表記は正式なものではない。

スペック

国籍 フランス
製造 ルノー他
乗員 2名
エンジン ルノー4ストローク直列4気筒液冷ガソリン
重量 6.7t
全長 5.0m
全幅 1.74m
全高 2.14m
履帯幅 34cm
超壕能力 1.8m
渡渉水深 0.6m
変速機 前進4速後進1速
最高速度 20km/h(路上)/7.6km/h(不整地)
航続距離 60km(路上)/35km(不整地)
主砲 37mm砲SA18(主砲弾:237発)
装甲 6~22mm(新型砲塔搭載車)
生産数 3,728輌以上(37mm砲搭載車以外も含む)

※このスペックは、すべてBC自由学園に存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP